動画制作やホームページ作成で会社を世の中にアピール

逆SEO対策をする

逆SEO対策とはなにか

逆SEO対策というのはSEO対策の逆で、検索順位をさえる工作を行うという事です。そもそも検索順位というのは検索サイトで決まっているルーチンで評価の高低が決まりそれによって位置が変動するので、ホームページをそのルーチンに従って加工したり各所にリンクを張るという事を行うのがSEO対策です。逆に言ってしまえば、このルーチンでマイナス評価が与えられるような工夫を施せば特定のサイトの検索順位を下げることが可能となるというわけです。そしてその方法を逆SEO対策と呼ぶのです。これは企業への誹謗中傷であったり製品への悪評、犯罪などの個人名が出てくるなどの理由でそれなりに需要があるのか、SEO対策と同時に業務として行っている会社が多くあります。

利用する前に考える事

逆SEO対策を行う前に考えるべきこととして、本当に逆逆SEO対策を利用する必要があるのかという事を考えるという事です。例えば個人への誹謗や企業への中傷などであれば、サイトの管理人などに連絡し削除して貰うという対応が取れますし、事実無根の内容で犯罪予告や名誉棄損などであれば警察や弁護士に相談して公的な機関からの削除命令や賠償金などを受け取れる可能性があります。逆にその苦情などが正当な物であったり、ライバル企業への攻撃などの場合逆SEO対策などが露見すると逆に悪評が出る可能性があります。なので最近では特定のホームページを下げるのではなく、ポジティブな情報が書かれているホームページの検索順位を上げる事で逆SEO対策とする企業も増えてきているのですが、これは言ってしまえばただのSEO対策なので何も逆SEO対策に拘る必要はないという事になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 動画制作やホームページ作成で会社を世の中にアピール All Rights Reserved.